水素水は妊婦さんや子供にも効果あるの?

水素水は抗酸化作用が高く、美容や健康、エイジングケアに効果があります。活性酸化の除去効果があり、スポーツをするときやストレスを感じたとき、紫外線を浴びたとき、喫煙飲酒のとき、睡眠不足のときなどに飲むと効果が高いようです。
化粧水代わりに肌に塗るのもいいでしょう。

 

妊婦が飲んでもいいのかと心配な方もいるでしょう。特に問題ありません。水素水は腸内環境をよくしてお通じの改善にも効果があります。妊娠初期に苦しむつわりもこの水素水で軽減されます。ただし妊娠中にむくみがあると水分摂取を制限される場合もありますので注意が必要です。

 

また、子供にも水素水は効果があります。皮膚炎の防止やアトピーの改善にも役立ちます。これはアトピーの原因ともいえる活性酸素を除去するためです。そして免疫力アップにもつながります。

 

子供に与える際は硬水ではなく軟水の方がいいでしょう。まだ大人に比べると免疫力が高くないためです。そのため市販の水素水を買ってくるよりは自宅で水素水サーバーを用意して子供に適した水素水を作ってあげる方がより安心ではないかと思います。

 

小さいころから水素水を与えることで免疫力の高い丈夫な体を作っていきましょう。

 

飲むだけではなく、お風呂にも活用できます。水素風呂の効果を得るためにはぬるめの温度で10分以上つかる必要があります。しみ、しわ、くすみ、皮膚炎症、かゆみなどに効果があります。乳酸を抑えて代謝を促す効果もあるので疲労回復、冷え性にもいいものです。

 

水素水を選ぶポイントは?

水素水を選ぶポイントは3つあります。
1つ目は「水素濃度」2つ目は「酸化還元電位」3つ目は「トータルコスト」です。
この3つについて説明していきましょう。

 

「水素濃度」は、濃度が高ければ高いほど水素の効果を得ることができるのですが、高すぎても意味がありません。体に無理なく飲み続けるために、適度な水素濃度が表記されているものを選んでいきましょう。

 

溶存水素濃度の単位はppm(ピーピーエム)またはppb(ピーピービー)です。1ppm=1000ppbで、この数値が高ければ高いほど水素量が多いです。最低でも、200ppb以上の水素濃度が含まれている物を選んでいきましょう。

 

「酸化還元電位」は、数値がプラスであるほど体を酸化させる力が強く、マイナスであるほど還元力が強いことを表します。

 

水道水の酸化還元電位は+200mVから+650mVです。水素水サーバーは-50mVから-600mVです。プラスの数値が高いと、体にストレスが掛かり様々な病気や体のトラブルにつながると言われています。

 

マイナス数値であると、体をストレスから守り老化予防に効果があり、肌も綺麗でイキイキとした体に変化していくのです。

 

「トータルコスト」は、長く水素水を続けていくために、価格や口コミなどの評価を見ていき、水素サーバーやパックを選んで自分が利用しやすい物を取り入れていくことを言います。

 

サーバーやパック、水素スティックもあり、それぞれ価格が異なります。
水素スティックは最もコストパフォーマンスに優れているので、無理なく続けられるとして人気があります。

 

水素水の選びやポイントを抑えて、毎日の健康に役立てていきましょう。

 

水素水で美容や健康アップ

水素というのは、様々な分野で活用されていますが、最近では美容や健康に効果が期待されていますよね!メディアでもかなり取り上げられていて、一度は耳にしたことがあると思います。

 

水素水を飲むことで、身体の隅々まで行き渡り、身体に水を与えてくれるのです。水素水は、非常に安全な飲料水です。一般的なミネラルウォーターと同じように飲むことができますので、妊婦さんやお子様でも安心して飲むことができるんです。

 

本当に水素水は、水の代わりに飲むだけですので、簡単に健康ケアすることができます。

 

水素水ってどんな利用方法があるのでしょう?

  • 手洗い・うがい
  • 口臭予防や口腔ケア
  • 野菜や魚介類の洗浄
  • 排水溝や水周りのヌメリ除去
  • キッチンやトイレ・お風呂の殺菌・消毒
  • ペットのケア

など、様々な利用方法があるのです!

 

 

更新履歴