水素水には副作用はない?

水素水とは、多量の水素を溶かし込んだ水のことを言います。
高濃度の水素水を摂取するとなると、副作用を気にする方もいると思います。

 

水素水に副作用はなく、赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲むことができます。
人間の体は60%が水分でできており、その中には水素も含まれています。水素自体に毒性も副作用もないのですが、体に良いからといって飲みすぎには注意しましょう。

 

普段の水分補給と同じ感覚で水素水を摂取していくのが体に1番良いのです。何でも体に良いから沢山飲む・食べるというのは、逆に健康を損ねてしまいます。

 

水素水を飲み始めてまもなく、体にかゆみや吹き出物が出たという人も多く、トイレの回数も増えたという人も多いようです。

 

これは副作用ではなく好転反応で、体の中に溜まっていた老廃物が体の外へ出ようとしていて、毛穴などからも出ようとするために吹き出物が出やすくなってしまうようです。

 

このような症状が出ることで、水素水が体の細胞の隅々に行き渡っていると考えるべきでしょう。

 

好転反応は一般的に1〜2週間ほどで自然に消えていきます。この間水素水を控えるのではなく、いつものように飲み続けていくことが大切です。

 

赤ちゃんからお年寄りまで幅広く飲むことができるので、安心して利用していくことができます。